2015年04月30日

魅惑の♪購買ランキング♪〔京子〕

この春から、わたしの母校に通い始めた娘とは



毎日、学校の話で盛り上がるのですが…



お弁当派の娘も…最近、いよいよ購買デビューしたらしく…(間食ですが…icon11)



豊富な品ぞろえに興奮して帰宅…(笑)



『先輩が「今日かつ丼ある??」って…購買のおばさんに聞いとった…』…とか…



『今日、から揚げ買って食べた…』…とか…



『シュークリームが、めっちゃおいしかった…』…とか…



約25年前当時と違う商品に…わたしも興奮…(笑)



そして、娘がわたしに買ってきてくれたのが…







校章入りパン!!…すごいオリジナルな…\(゜ロ\)(/ロ゜)/



今年の入学者にも、このような手作り冊子が配布され…(当時もありました…♪)









さまざまな学校案内の中には



やはり…嬉しいコレが…














時代が変わっても…



購買の“焼きそば”人気だけは…変わらず…


































  


Posted by 立志塾  at 09:28京子

2015年04月29日

東京ドーム〔晃詳〕




昨日の塚越先生のブログは熱かったですね!!!!!




読んでいて、

その熱気というか、興奮というか、なんていうかいろいろな感情が、


伝わってくるようでした。




文章って、その人やその時の感情が、見事なまでに乗るんですよね。


改めてそう思った次第です。







もうひとつ。


ブログを読んで驚いたことがありました。





27日(月)の東京ドーム。





たまたま前の日から東京に来ていた私は、


この日。










全く同じ看板を見て、


ポール・マッカートニーのツアーに並ぶ人たちを横目に、




違うところに入っていきました。











~クリック!~






それは見事なまでの、すれ違いでした(笑)




  


Posted by 立志塾  at 11:58晃詳

2015年04月28日

Memorial Day〔塚越〕

一生忘れることのない日はそうそうあるものではないが、


今日はそうゆう日になるのだと思う。





30年以上前に、知った時点でもう解散してたけど、


大げさではなく、


私の人生に絶大なる影響を与えてくれたのは、


やはりビートルズである。





あんな風になれなくとも、


自分のやりたいことをやりたい形でやりきっていくことへの憧れ。


私と同じような人が星の数ほどいると思います。






そしてその多くの人の憧れはジョンレノンなんですよね(笑)


私はそうでした。


ポールマッカートニーは欠点が無さすぎて近づき難いというか、


身近に感じられないんですよね。





そんなポールマッカートニーが昨年来日した時は、


テストの真最中の時期だったので


悩まなかったのだが、


結局体調を崩して緊急帰国してしまった。


ファンの間では有名な話であるが、何かと日本ツアーはうまくいかない(苦笑)





今年もやってくるみたいだ。


しかも4月下旬…


今回は真剣に悩んだ。





見たいけど衰えたポールマッカートニーを見るのは…


私の両親と同い年ですからね(苦笑)


老けたポールマッカートニーを見るのはやはりつらいな…





相談したら、金田、中村、奥さん、子ども


みんな口をそろえて、『行くべきだ。』と言う。


私の複雑な感情など分かる訳もなく、


こんな機会に行かないなんて、今まで散々語ってきたビートルズおたくの話は嘘だったのか?と言わんばかりである。







ということで、行ってきました。








東京ドーム





超満員





何なんでしょうね…


予想を見事に裏切り、全然衰えてなかったです…





休憩なしで37曲。


見た目も若いし、


声も変わってない。





私より間違いなく体力がありますね。


ビートルズとウィングスとソロと50年以上のキャリアのベスト盤みたいな選曲でやってくれました。


awesomeとしか言いようがありませんでした。





ギネスブックに歴史上最も成功したミュージシャンとして掲載されていて、


昨年アメリカのタイム誌が発表した個人資産世界1位のミュージシャンで、


もう何もしなくても富も名声も思うがままで、


20曲もやってくれればファンは十分満足するに決まっているのに、


全力で37曲…


もうすぐ73歳…


大阪ドームで1回、


今日の東京ドームで3回目、


明日のファイナルは武道館。






この人のモチベーションは何なんでしょう?


究極のプロフェッショナル


究極のエンターテイナー





途中、鳥肌が止まらなくなった。


何百回なのか何千回なのかよく分からないくらい聞いたことのある曲を、


目の前でなんとポールマッカートニーが歌っているという現実。





生のポールマッカートニーが目の前で


Hey JudeやLet it beを歌ってるのを見る日が来るなんて、


非現実すぎて真剣に考えたこともなかった。






おい、本物だぞ!!!


本物のポールマッカートニーだぞ!!!


The long and winding road. Band on the run. Another day. Maybe I'm amazed…


おい、本物がやってるぞ!!!






私の44年の人生の中でひょっとしたら最高の瞬間なのかもしれない…


そんな幸せすら感じた。






帰宅してこれを打っている今も、


鳥肌が止まらない。  


Posted by 立志塾  at 01:28塚越

2015年04月27日

快適、感謝 〔中村〕

 ここ数日は好天に恵まれ、春本番の日々が続いていますね。

 数週間前に花弁を落としたサクラは今や緑樹に姿を変え、その木陰は人々に憩いの場を提供してくれているようです。

 暑過ぎず、寒過ぎず、周囲を見渡せば木々の若葉が眩しく、来たるゴールデンウィークを迎えるには絶好の日和と言えそうです。

 風も爽やか、横になっていると心身がゆっくりと癒され、一年で最も気持ち良く過ごしやすい時期と思われます。



 一説では、人間が過ごしやすいと感じる気温は20℃~22℃とのこと。

 昨日の豊橋市の最高気温を調べてみると22℃。どうりでとりわけ快適に感じたのですね。


 
 息抜き、という訳ではないですが、ゆっくり過ごせる時だからこそ、忘れてはいけないこと、見つめるべきことがあると思うのです。

 自らのこれまでの人生、これからの人生、周囲の人々の存在、本当に大切な心の持ち様、足るを知る自制心等々……。

 ときにはガツガツいくことも必要でしょうが、それでも春の陽光の中に身を置いていると、平静な状態にこそ幸福があるのではないか、そんなことを思う4月末です。

 毎日健康でいられ、仕事に恵まれ、公私が充実していられることに改めて感謝しています。  


Posted by 立志塾  at 00:04中村

2015年04月26日

ちょい写真館 〔塚越〕

久しぶりに学校の日に行ってきました。




こうゆう類の掲示物が目立っていました。






基礎コン




塾生諸君の名前を見つけるのをこれからも楽しみにしてますね。













ありがとう。




頼んだものを持って来てくれたのですが、


来てる服のセンスがいいね(笑)








どーでもいい話ですが、












ネーミング、どうでしょう(笑)







これは、どーでもよくない話です。











私は行きます。

  


Posted by 立志塾  at 00:14塚越

2015年04月25日

翼を広げて[金田]

「いつかは空へ羽ばたきたい」という願い。

それを体現した機体がついに日本の空を飛んだ。

《ホンダジェット、日本初飛行。「創業者の夢実現」》

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150423/k10010058471000.html

素晴らしいニュースです。

この日の機体は日の丸を彷彿とさせる赤と白に塗り分けられたシルエットの美しさが際立っていました。

F1をはじめとした自動車やバイクでも実績を残してきたHondaが満を持して開発した機体です。

世界中が注目しているとのことです。

技術立国としての面目躍如ですね。

いつかこれに乗って遠くまで行ってみたいなと思います。

先日はこんなニュースもありました。

http://www.sankei.com/economy/news/141018/ecn1410180013-n1.html

こちらは三菱。ということは、かのゼロ戦の系譜を継ぐ機体ともいえます。

これは小型旅客機です。

カナダやブラジルの有名企業がひしめく業界に殴り込みをかけることになります。

こちらの方が実際に乗れる機会がありそうですね。

リニアモーターカーも最速を更新したり

ここにきて日本の交通産業が熱いです!

日本はやっぱり「ものづくりの国」

これからも心を躍らす素晴らしい製品がたくさん登場することを期待したいですね!
  


Posted by 立志塾  at 00:05金田

2015年04月24日

私は“おかあさん” [三橋]


~4月~

自分的には、一年で一番ホッとできる月face01

5月からは個人的に忙しくなる予定icon16

以前義母に

『時間に追われていても、“お母さん”ということは忘れたらダメだよ。』と言われた。

さすが、人生の先輩icon

それ以来、義母の言葉は常に頭の片隅にある。

昨日、中2の娘が家庭科で小さい時の写真が要るからと

久しぶりにアルバムを引っ張り出してきた。

・・・大きくなったなぁ(T_T)


卒園式でくれたよね。

純粋な言葉・・・(T_T)

あの頃は、今みたいに『(" ̄д ̄)けっ!』とか言わなかったよね。

でも・・・もしかしたら

私の心に余裕があれば、

(" ̄д ̄)けっ!って言われる回数も減るのかも。

よし、決めたicon21

今年の目標は

キラキラ【どんな時でも心に余裕が持てる人間になること】キラキラ

がんばれicon09私&世の中のお母さんicon21  


Posted by 立志塾  at 00:05三橋

2015年04月23日

春♪…新たな歩み…♪〔京子〕

自宅のハナミズキが咲き始め…







かなり春を感じる…今日このごろ…



何か新しいことがしてみたくなり…







突然(笑)…ポーセラーツ教室…通い始めました…♪



さらに…



気分新たに…♪







約…一年ぶりに…(苦笑)icon



趣味の書道を再開…♪







平成26年度の単P・市P連の役目を終え…



あらためて…多くの出会いと…学びに…感謝…♪



平成27年度も…



向上心を持って…歩んでゆきたい…



















  


Posted by 立志塾  at 09:35京子

2015年04月22日

忙しい日々〔晃詳〕




忙しいと感じる日々が続いています。


こんなことを書くと、「『忙しい』とは心を亡くしている状態だよ」なんて声が聞こえてきそうですが、

それでもそう感じるものは、仕方ありません(苦笑)



でも、この状態というのは、どうすれば解決するのでしょう??




・やめる



そうなんです。

確かに何かをやめて、やることを少なくしていければ、解決しそうです。


ですから、思いきってやめるというのは、

間違いなくその方法の一つだとは思いますが、

時にはやめられないことや、大事なことってありますよね。。




・スピードを速める


一つのことにかける時間を、短くしていく方法です。

そうすれば、同じ時間でより多くのことをこなしていける訳ですから、

結果として、時間が余るはずですね。


でも、人によっては、

その余った時間にも、新たな予定を入れてしまいそうですね(笑)





・こだわり過ぎない


スピードを速めた結果、質が落ちてしまうことってあると思いますが、


そもそも質を求め過ぎなかったり、こだわり過ぎなければ、

そんなにもそこに時間を使っていくことってないと思います。

(そこまでの質を、相手から求められていない時もありますよね)



でも、物事によっては、こだわりたいときもあるでしょう。

それが、「私らしさ」「あなたらしさ」ですもんね。




大事なことにはこだわる、


そうでないものには、こだわらない。



そんな使い分けが、どこかで必要なのかもしれません。







ここまで考えて、ふと思いました。





それでは、「大事なこと」って何なんでしょう??






今日はここまでにしたいと思います(笑)








【おまけ】




~JR牛久保駅前にて~


市議選が近づき、市内を街宣カーが走り回っていますね。

さながら、お祭りの様相です(笑)


でもこの選挙は、私たちにとって、最も身近な選挙の一つだと思います。


  


Posted by 立志塾  at 11:58晃詳

2015年04月21日

Excellent 〔塚越〕

こんな会話を聞いた。


「〇〇は頭がいい子だから…」






どうゆう会話の流れで発せられたかは知らないが、


「頭がいい」 という表現がどうもしっくりとこない。


成績が良い子はたくさん見てきたが、「頭が良い」とは限らない。







一度説明しただけで、スラスラと解くことができるが家庭での反復が足りず


定着しない生徒もいれば、


たとえ理解するのに時間がかかっても、家庭での反復を繰り返して


定着させ、それが実力になっていく子もいる。






「頭の良し悪し」より、「反復する粘りと努力」






この会話で登場した生徒の自学を紹介したい。



1ページやればよい日にこんな調子です。





























私自身が刺激を受けるし、



頑張ろう! という気持ちにさせてくれるし、



何より嬉しく感じます。







GoodやGreatではなく、



Excellent!!



とコメントを書くことが100冊に1回くらいあるが、



これです。





  


Posted by 立志塾  at 00:05塚越

2015年04月20日

とある詩から 〔中村〕

 小6国語の教科書に谷川俊太郎さんの『生きる』という詩が掲載されています。


生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ




 先日の授業で取り扱いました。

 小学生にこの詩の世界観や真意を読み取ることは容易ではないと思うのですが、それでもシンプルな言葉とリズム感の良い調子によって、この世界に生きること、この世界に生きるものの存在について巧みに表現されています。

 詩は少ない言葉で様々な感情や思考や哲学を、または人生や宇宙までを物語るものですが、変に理屈っぽい解説よりもダイレクトに読み手に訴え、そしてじっくり考える時間を与えてくれます。

 そしてこのような優れた作品に触れる度に、私は言葉の持つ可能性と力を実感します。さまざまな言葉の芸術的ともいえる組み合わせの妙に詩の真髄を垣間見る気がするのです。正に“文芸”です。



 詩を書くことに夢中になっていた高校時代、谷川さんは私の憧れでした。

 とりあえず読み、真似ばかりしていたように記憶しています。

 “生きることとはどういうことか”という永遠のテーマにとっ捕まったのもこの頃だったかもしれません。

 言葉に救いを求めていた、懐かしい思い出です。


 ふとあることを思い出し、自分の本棚を探してみると………



 この作品が収められた詩集を持っていました。



 みなさんも、ときには詩の鑑賞はいかがですか?  


Posted by 立志塾  at 03:05中村

2015年04月19日

Life is good 〔塚越〕

時に何も考えず、ぼーーとしたい時がある。




4月半ばの土曜の夜なんてそんな気分だったりして、




気付いたら写真を加工するアプリをいじりだし、




自分の顔を加工してみる。




なるほど、いろいろできるものだ…




結局、こんなんで落ち着きました。









ご勘弁を。
  


Posted by 立志塾  at 00:42塚越

2015年04月18日

「星々は人の気持ちなんて気にしない」[金田]

星々は人の気持ちなんて気にしない。
 
同じように、ただ輝いている。
 
もし星の輝きが違って見えるとしたら、
 
それは星ではなく、まなざしが、 心が、変わったのだ。

本当に美しくて、本当に醜いのは、人だ。その心だ。

(橋本紡『九つの、物語』)



何となく目に留まった言葉。

人の気持ちの核心をつく鋭い言葉。

生きていれば、

この世の幸せを独り占めしたと思える心弾む楽しいできごとも

立ち直ることさえできないと感じるつらいできごとも

いろいろなことがあるものです。

人生いろいろ。

まさに「禍福は糾える縄の如し」です。

つらいこと嫌なことにフォーカスをあてるより

楽しいこと嬉しいことを優先して考えるようにしていきたいですね。

こんなことを考えながら42回目の誕生日を過ごしました。

祝っていただいたみなさんありがとうございます。

今年も良い1年にします。












  


Posted by 立志塾  at 00:05金田

2015年04月17日

きっと大丈夫だよ!![三橋]


4月icon

新年度になり

新しい環境の中で、約2週間が経過しました。

新たな友達が沢山でき、“毎日が楽しい”

と感じているいる子がいる一方・・・

まだまだ新しい環境に慣れずに

なかなか友達が思うようにできていない子もいると思います。

でも・・・

そんな時、

自分から話しかける勇気icon21

そして“思いやり”の心iconを持って相手に接すれば

きっと上手くいくはずです。

新しい環境の中で

ステキな出会いに恵まれるといいですね(^_^)v

ある生徒が言ってました。

『勉強は頑張れば、大人に勝てるかもしれない。

でも、経験だけは、どんな大人にも勝てない』と。


みんなよりなが~く生きている一応大人からの

アドバイスでした。


                  花言葉“思いやり”  


Posted by 立志塾  at 00:00三橋

2015年04月16日

人間ドック…〔京子〕

べつに誕生月というわけではないのですが



毎年4月は人間ドックの月と決めており



今年も行ってきました…♪



空腹になると眠気に襲われる体質なので…



前日夜からの絶食に…頭がボーっとし…



検査着を前後反対に着てしまう…から始まり…



『うつ伏せ・あお向け・時計回り・ななめ45度左』…などの指示に



混乱しまくり…(-_-)(-_-)(-_-)



間違えてばかりで…もたもた…(;一_一)



途中…検査の待ち時間が長く…眠ってしまい…



大声で呼ばれる…(;一_一)



など…



これも加齢現象か??…と心配になりながらも



無事検査終了した途端



激しい空腹に耐えられず…







大好物をガッツリ食べてしまい…



夜中まで…ずっと腹痛…(-_-;)(-_-;)(-_-;)



バリウム検査…苦手な…42歳です…(泣)




  


Posted by 立志塾  at 01:47京子

2015年04月15日

で、〔晃詳〕



本屋さんで平積みになっていて、気になった本を購入し、

いま読んでいます。










「エッセンシャル」(essential)とは、「本質」を意味する単語なので、

直訳すると『本質的思考』ということになるのでしょうか。




ひと言でいってしまうと、

「本質へのアプローチ」の重要性とその手法を説き、


自分にとっては何が本質なのだろうと考えさせられる、結構効く本だと思います。


(私には効きました。笑)





そして、これはあくまでも私の解釈なのですが、


やらなければいけないことが多く、忙しい日々が続く中で、



「で、結局、何が大事なんだ??」



と考えることが、まずは大切なのではないかと捉えました。





勉強においても、同じことが言えます。



例えば社会の授業の中で伝えていくこと、宿題で覚えていくこと、

膨大な量があると思います。

(「膨大」はちょっと大げさかもしれませんが、そう感じるときもきっとありますよね)





でも、その多くの情報を、


ただやみくもに全部が全部を覚えていこうとするのと、

何が大事なのかを少し考えてみて、覚えていくものに若干の意識の強弱をつけていくのとでは、


結果として、その覚わり方も、変わっていくのではないでしょうか。





もちろん先生は、その大事なことを抽出して皆に伝えている訳ですが、



それでも、


「で、結局、何が大事なんだ??」


とみんなが自分自身で考えることが、授業の復習にもなり、


また今後の本質へのアプローチを容易にしていくと、


私は考えるのです。







私自身も、特にしばらくは、


自らの授業においても、身の回りのことにおいても、



それを意識して考え行動していきたいと思います。


  


Posted by 立志塾  at 11:58晃詳

2015年04月14日

I'm getting ready for a lot of things.〔塚越〕

「私にはたくさん準備していることがあるの。」




と何気なくはじまるビデオクリップがYou Tubeにアップされ、全米で恐ろしく注目を集めている。








春だから、ガーデニングの準備をしてるの。 と語るトップバッターの女性。



私の娘は来年から幼稚園に行くの。より良い教育を受けるための準備で引っ越すの。 と語る白人の女性。



僕たち兄弟で新しいビジネスをはじめるんだ。 と語るヒスパニックの兄弟。



5年の子育てを終えて私は仕事に復帰する準備をしてるの。 と語る白人の女性。



生まれてくる男の子のためにあれこれと準備してるんだ。 と語る黒人の男性。



私は大学に入る準備をしているの。 と語るアジア系の女性。



僕たちは今度の夏に結婚する準備をしているんだ。 と語る同性愛者の男性?



私は退職に向けて準備しているの。 と語る白人の女性。



家のリノベーションの準備をしているだ。 と語る動物愛護者らしき男性。



僕は新しい会社をつくる準備をしているんだ。 と語る白人の男性。



この最後の男性だけが、「この国は先人たちの大変な努力の上に成り立っている。僕もその一部になるのが嬉しいんだ。」



って国家を意識させるまえふりを行う。









あらゆる人種、男性、女性、そして同性愛者。



誰もが何かをはじめる準備をしていることはもう十分伝わるのであるが、



ここまで散々引っ張って、



主役の女性が登場する。












I'm getting ready for something ,too.

私も何か新しいことを準備しているの。







I'm running for president.

私は大統領に立候補するわ。







隅から隅まで徹底的に考え抜かれたビデオクリップ。




こういった映像をつくりあげることに長けた、




プロ中のプロたちが集結して徹底的につくりあげたことが容易に想像できる。




数日前まで、大統領選の出馬に悩んでいると言っていた人のビデオクリップであることが信じられない…






I hope you'll join me on this journey.





こうゆう旅に乗っかるのがアメリカ人は好きなんだろうな…



この女性が言っている通り、



アメリカがstrong country に戻っていく準備もはじまっているのだと思う。




  


Posted by 立志塾  at 00:20塚越

2015年04月13日

そのひと頑張り 〔中村〕

 今月の立志NEWSにて、春のコンクールの結果総括が掲載されます。また個人成績表が同封され、各ご家庭にお届けします。

 そのコンクール、中学部においてはまだ完全に終わっていません。

 自学ノートでの反省、やり直しに加え、合格点に達しなかった教科については現在追試を実施しています。

 この追試を通して中途半端だった知識をより定着させることができますし、それまで見えてこなかった自分の修正点に気付くこともできます。

 「ここの覚え方が甘かった」とか、「あの意味を全く理解していなかった」など、特に受け身の姿勢だった子には、改めてちゃんと考えながら学習する機会になることでしょう。

 採点していてこちらが気づくこととしては、それにしても誤字(理科や社会の用語)が多いということ……。国語担当者としては気になるところです。もっと“正しい字形を正しく覚える目”を養いたいところですね。




 みなこの追試から逃げることなく、真剣に参加できていると感じています。

 多くの事柄を覚えることは決して簡単なことではないですし、苦痛を伴います。

 ただ、ここでのひと頑張りが、

 知らず知らずのうちに君たち自身を成長させているのだと、

 知らず知らずのうちに実感できる日がもうすぐやって来ます。

 歩みを止めず、前進あるのみです。  


Posted by 立志塾  at 03:15中村

2015年04月12日

もう一つの10周年〔塚越〕

私がずっと気にしていた10周年というのがある。







このことに関して誰にも話したことがないし、



私以外は誰も気にしていないと思う。



しかし、



私はときめくほど楽しみにしていた。



そんなSpecialな記念日がついに今日やってきた!







ここまで打っても誰も分からないですね…(苦笑)







このブログをはじめたのが、2005年の4月12日。



そうです。



ブログスタートから今日で満10周年!









~ちょうど10年前~





牛久保の昔の職員室で牟呂に移動する直前の夕方、


一人、コンピューターの前で固まった。





誰もブログの存在を知らないのに、


一体、誰に何を打つのだろう(笑)??






そして思った。





このブログが10年くらい続いて


そこそこ認知されて、


そんな節目となる日に、


「これがスタートでしたよ!」


みたいな日のために打とう!! って(苦笑)






“もうブログは辞めよう。”


って何回思ったことだろう…


よく10年続きました。







完全なる自己満足なのだが、


想像以上に満足に感じられることが時折ある。


そんな自画自賛にどっぷりと浸りたい、


春の夜である。
  


Posted by 立志塾  at 00:33塚越

2015年04月11日

人間vsコンピューター[金田]

今日は将棋のお話です。

現在電王戦と呼ばれるプロ棋士対コンピューターとの間で5対5の対抗戦が行われています。

通算4回目くらいの大会ですが、今回でFINALと銘打たれています。

昨年、プロ棋士側が1勝4敗と惨敗をし、背水の陣で臨む今回の大会。

ここまでは2勝2敗の五分。

明日行われる阿久津主税八段 対 AWAKE(アウェイク)の対局で決着がつきます。

http://www.shogi.or.jp/kisen/denou/

同じ棋譜は存在しないといわれるほど無限に近い手がある将棋の対局。

つい最近まではコンピューターでは人間に勝てないと言われていましたが、

最近のコンピューターソフトの台頭には目を見張るものがあります。



そもそもプロ棋士とは

「天才」と呼ばれた者たちの集まりから約8割の者が脱落していく超実力主義の世界です。

その中でも選りすぐりのトップ棋士から勝利を得るなんて

科学の進歩に驚かずにはいられません。

やはり人間としては明日は阿久津九段に勝って、有終の美を飾って欲しいと思いますね。

また、現役タイトルホルダーが対局に登場していたら…

という妄想も広がっていきますね。

今後はますます人間とコンピューターが共存する社会になっていくと思います。

ターミネーターの世界のように対立などせず、良い形で進歩していけることを願います。

まずは明日、ぜひ皆さんも世紀の一戦にご注目下さい!!

将棋に興味のない方もきっと気になってきたのでは?笑



  


Posted by 立志塾  at 00:05金田

2015年04月10日

流行りのキャラ?ぐで娘[三橋]


『これ、自分に似てる・・・』

と言って娘に見せられたキャラクター。


きっとこうだ。


居間で毎日ダラダラ過ごしている娘に

1、優しく(^v^) 
『そろそろ勉強しようか。』と私。

『・・・うん。』と娘。

2、少し強い口調で・・・
『何時から勉強始めるのかな?』と私。

『・・・うん。』と娘。

3、強い口調で・・・<`ヘ´>
『早く勉強しなさい!!』と私。

ようやく動き出す娘・・・

部屋に移動しながら



と思っているだろう。

私もそうだったし・・・。

親になると親の気持ちって本当によくわかる(T_T)

でも・・・

毎日色々言いたくないよ。

あ~あ

そんな私のつぶやきにも

って答えそうだね、あんた。

心の弱った私を癒してくれたのは

偶然出た数字でした。

幸せicon
  


Posted by 立志塾  at 00:00三橋

2015年04月09日

夢ふくらむ…新生活…♪〔京子〕

今週月曜日は



娘の高校の入学式で…






“この場所での記念撮影が…ちょっとしたアトラクションなみに行列が(汗)…娘、撮影できず…”



そして…



火曜日からお弁当




“娘お気に入りの…新しい弁当箱セット…♪”



わたし自身…



高校弁当は自分で作るか…購買のパンだったため…



毎日の母手作り弁当に…すっごい憧れがあり…



やる気満々で初日がんばり…♪



次の日から…何を作ろうかと…



ワクワクし過ぎて…夜眠れず…



翌朝…寝坊…(;一_一)



しかも…中2の息子も弁当の日だったので…



時間ギリギリに出来上がった雑な弁当に



息子にキレられ…朝からヘコむ…(-_-;)



毎日のことなので…



肩の力を抜いて行こうと…決意…(-_-;)(-_-;)(-_-;)



夢ふくらむ…新生活…♪



上がり過ぎてるテンションを



少し下げ気味で



がんばろっ♪…♪














  


Posted by 立志塾  at 02:16京子

2015年04月08日

お祭りにて〔晃詳〕




今年の牛久保のお祭りも、無事に終了しました。








私自身とお祭りの関わりでいうと、

高校を卒業してからお祭り青年に入り、それから四半世紀。


今は、「大山車」(おおやま)と呼ばれるお車の上で、

少し見えにくいところで、笛と稚児の笠を付ける役を担当しています。




ちなみに、この大山車で行われるのが「隠れ太鼓」で、

演じ手である稚児が、まるで人形のように欄干から逆さに宙吊になるなどのアクロバチックな動きは、

お祭りの見どころのひとつでもあるのですが、






~クリック!~




彼らが動いている最中に、笠が外れてしまったり緩んでしまうことがあってはいけないですから、

笠を付けるときは、それぞれ顎をかける部分と額の部分とを、

大変にきつく縛って、固定させる訳ですね。




子どもたちにとっては、まさに顔が歪んでしまうほど、とても痛いと思います。

でも、縛る私にとっては、これまた絶対に緩ませてはいけないというプレッシャーもあり、

力いっぱい締めるのです。

(ほんとに、力いっぱい締めます)








でも、子どもたちも、分かってくれる瞬間があるように思うんです。


自分は痛いけれども、笠が緩んでてはいけない。

だから我慢する。

そして、踊るために前へ出ていきます。





同じ空間にいる、

子どもも、大人である私たちも、共に精一杯で、


それが醍醐味なのではないかと感じた、今年のお祭りでありました。





稚児をやった立志生の子もいましたね。

よく頑張りました。


  


Posted by 立志塾  at 11:58晃詳

2015年04月07日

半歩〔塚越〕

中1と高1は大きな変化を感じる時です。



学校、先生、友達、部活、



カバンも着るものも通学路までも変わってしまう。



期待と不安とよく言うが、不安が9割でしょう。



その不安の正体のほとんどは新しい友達と新しい学習内容でしょう。



勉強は気持ちを前に出した方が勝つが、



友達関係は少し気持ちを抑えた方がうまくいったりする。



こうゆうバランス感覚を保つことができるのかどうかという不安が襲ってくるのだと思う。



こんな感覚で行きましょう。



勉強は他の子より半歩前にでる気持ち。



友達関係は半歩下がって様子を見るところから…



共に慎重にスタートしましょう!



私も半歩程度の頑張りで早起きして、







写真撮影だけしました。



  


Posted by 立志塾  at 00:05塚越

2015年04月06日

この1ヶ月間は 〔中村〕

 世間的には、今週から平成27年度のスタートですね。

 新中1、新高1生諸君、ご入学おめでとうございます。1日でも早く新生活に慣れていけるといいですね。



 新入生に限らず、新しい環境やクラス、生活リズムの定着に時間のかかるこの1ヶ月間は、暖かな気候も相まって、どうも落ち着かずフワフワした感じで日々が過ぎ去っていくものなのかもしれません。

 ただ、そんな今だからこそ時間を大切に使うべきだと思うのです。

 春のコンクール結果が返却され、中学部においては一定基準に満たない生徒には追試が実施されます。

 旧学年の復習はまだ終わっていません。むしろこれから固めてゆくというくらいの気持ちを持ちましょう。

 浮かれず、着実に、学習中心の生活であることが学生として正しいあり方であるという軸がブレることなく、日々の自学ノートを取り組んでください。

 ただ書くだけの作業ではなく、覚えたこと(理解したと思ったこと)を確認するための時間をしっかりととること。

 余裕のある子は、英検や漢検の学習を始められますね。

 この時期にはこの時期なりの目標というものが個々にあるはずです。



 地に足をつけ、いま必要なことを自身に問う。そんな有意義な1ヶ月間にしていってください。  


Posted by 立志塾  at 04:19中村

2015年04月05日

Why he made his thumb up?? 〔塚越〕

撮影場所、




メンバー、




立ち位置、





疲れ切った顔、




毎年変わらない夢から現実に戻っていくオヤジたち。












but,




マサが親指を立てている理由が分からない…









  


Posted by 立志塾  at 02:02塚越

2015年04月04日

『花は盛りに』[金田]



広島城です↑

春爛漫ですね!

今年も何か所かで桜を無事見ることができました。

さて、吉田兼好は徒然草で

「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」

と書き連ね

本居宣長は玉勝間で

『「花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは。」とか言へるは、いかにぞや。』

と書きました。



宮島です↑

もちろん僕も桜が満開の様子は大好きですが、ここ数年は散り行く桜に心を奪われることもしばしばです。

年齢もあるでしょうが、自分の人生と重ねて見ているのかもしれません。

何とか今週末まで桜の花も見ることができそうです。

近所には桜並木が続く道があります。新しい番犬とともに散歩して今年の花見の季節を締めくくります。



ちなみに、

高校時代、古典の授業で徒然草をやっているときに、

「花は盛りに」を現代語訳せよと言われた友人が

「桜の花が全開の様子です!」

と答え教室が笑いの渦に包まれたことを思い出します。

その時の先生のツッコミがまた笑いを増幅させました。

「では、お前のエンジンは満開だな!」

お後がよろしいようで…













  


Posted by 立志塾  at 00:05金田

2015年04月03日

春休み写真館[三橋]


いってらっしゃ~い"(@´▽`@)ノ"""

子供たち二人で

千葉の私のおばの家へ。

ディズニーランド・スカイツリー・東京の夜景を満喫nico

『将来都会に行ってやんちゃになるっicon21』宣言をしている息子は

さらに都会に憧れたのでしたキラキラ

家に残った私は・・・

前から行きたかった“こちら”へ


世界一濃い

抹茶ジェラートを食べに行ったり、

『風に立つライオン』を鑑賞したり・・・

久しぶりの休日を満喫。

そして子供たちが家に帰ってきた次の日には、


娘の友達が8人遊びにやって来た( ̄Д ̄;;汗


そんな春休みも、もうすぐおしまい。

いよいよ新年度のスタートですicon

みんな、がんばれp(#^▽゜)q ファイトッ



  


Posted by 立志塾  at 00:40三橋

2015年04月02日

春らんまんドライブ…♪〔京子〕

春からの新生活に向けて…



うちの中の断捨離が…まだ終わってないのですが…



ちょっこと…息抜きで…



娘と息子とマロンを連れて…



ドライブへ…♪













“春らんまんのドッグカフェで…のんびりランチ…♪”



さらに…ドライブ…











“美しい夕日に…心満たされ…♪”



途中…いい雰囲気の和食屋さんで…











お腹も満たして…帰りました…♪



春らんまん…♪



明日からも…がんばりますっ♪…♪♪


















  


Posted by 立志塾  at 21:10京子

2015年04月01日

春。そして新年度〔晃詳〕


4月になりました。


桜の花がほぼ満開となり、春を充分に感じさせる季節となりました。




そして。


新たな年度の始まりです。






塾においては、既に新学年としての授業が始まっていますが、

学校でも、今までのひとつ上の学年として、

正に名実ともに、新たな学年になっていくことになります。












新しい友人。新しい仲間。


新しいクラス、新しい学校。




新たな環境で、


時を過ごしていくことになると思います。






少々の不安もあるでしょう。




でも、その新しい感じを、



みんなには楽しんで欲しいと思うし、


私自身も、その感覚を味わいつつ、

それを活かしていきたいと思います。



  


Posted by 立志塾  at 11:58晃詳